事変平成「緑のタヌキ」の変 ゆる~~~いイラストで帝国キャリアにて楽しく解説@v@y- - 陽月幕府ーArcheAgeバブル到来!ー

記事一覧

事変平成「緑のタヌキ」の変 ゆる~~~いイラストで帝国キャリアにて楽しく解説@v@y-




始まりは、
隣国、自民国の城主アベが起こした突然の挙兵だった。
http://blogos.com/article/254255/
fvtfcfco0240020011945571230.png  
自民国では、城主の「身内」や「お友達」を偏重するやり方に対して領民の批判が強く、しかも、それらの問題への対応が不誠実なものであったことから、城主への不満が高まりつつあった。いずれ、城主アベは、領民の信任を失い、城を追われるのではないかと見られていた。

そのような自民国の状況は、対立を続けていた民進国にとっては、アベ城主を打倒する千載一遇の機会であったが、内部対立に加え、家臣の離反や不祥事が表面化し、対応に追われていた最中に、アベ城主が突然挙兵したのだった。

もともと、「挙兵」には決まりがあった。領民を戦いに巻き込み、多大な負担と苦痛を負わせることになるのだから、余程の理由がなければならなかった。しかし、アベ城主は、適当な口実をつけて、挙兵を宣言、近隣諸国との戦争準備を始めた。

大混乱に陥ったのが民進国の城内だった。家臣の離反や不祥事で混乱している最中に、アベ軍が攻め込んできたのでは、城を守れない。城主マエハラも家臣たちも、頭を抱えた。
de gdaisytune724_63506127.pngtopvens2rt2
そこに登場したのが、「私についてきなさい。アベ城主を討ち取ってしんぜましょう。」
などと言って
現れた「緑の国の女城主」のユリコだった。自民国の出城を攻めて「黒いネズミ」を討ち取って大勝利を収めた「女城主ユリコ」の武勇伝は、瓦版などで広まっており、民進国では、城主マエハラが、「今、アベに攻められたのでは城がもたない。民進国が打ち揃って、緑の国の下に入り、ともにアベと戦おうぞ!」と家臣に呼びかけた。家臣たちは、マエハラ城主から渡された軍資金を手に雪崩を打つように城を離れ、「緑の国」をめざした。アベ軍が押し寄せてきても、ユリコ率いる緑の軍が圧勝するだろうと信じて疑わなかった。



imagesbりち
ところが、民進国の家臣達が「緑の装束と甲冑」を与えられて戦争準備に入った頃から、城主ユリコは、不可解な行動を取り始めた。

民進国の家臣をすべて引き取るのではなく、「考え方の合わない人は緑の国から排除します。」と言って、城を閉ざすことを明言したのである。「排除」の対象となった家臣達は、独自に「立憲民主国」を立ち上げて、自民国との戦争準備に入った。
そして、城主ユリコは、「アベを討ち取る」と言っていたのに、そのアベを支持する浪人を召し抱え、城に引き入れたりもした。決定的だったのが、城主ユリコ自身が、出陣する気配を見せないことだった。家臣達に対して「アベを倒せ!」と叱咤激励して応援するだけだった。「ユリコ殿、そろそろ出陣を。」を促されても、「最初からそんな気はないと言っているじゃありませんか。私には、トウキョウトの領民がいます。」などとうそぶいている。さらには「緑の軍」の総大将も決めようとしない。「戦が終わってから相談します。」と言うだけだった。

そうこうしているうちに、民進国の家臣たちの中から、「ユリコは『緑のタヌキ』だ。我々は騙されたんだ。」と言って離脱する動きが出てきた。「やはり騙された。『緑のタヌキ』に化かされて、民進国家臣の地位も失い、身ぐるみ剥がされた。」

しかし、もう時間がなかった。アベの大軍は、すぐそこに迫っていた。

そして、10月22日、戦いの火ぶたは切られた。立憲民主国は、「エダノ丸」を築いてアベ軍を迎え撃ち、城主エダノンを中心に奮戦し、アベ軍に各地で打撃を与えた。ユリコから「排除」された者、早く離脱した者も奮戦し、多くが生き残った。
~~~~~~~~
分かりやすくエダノ丸説明
エダノンエダノンは名作エダノ丸を築き希望の党から離れ自民党と戦うことに
~エダノンを中心に奮戦し、アベ軍に各地で打撃を与えた。
ユリコから「排除」された者、早く離脱した者も奮戦し、多くが生き残った。~
平成「緑のタヌキ」の変引用
http://blogos.com/article/254255/
~~~~~~~~
しかし、「緑の軍」の方はといえば、戦う前から勝負はついていた。敗北を見越した城主ユリコは、前日に国外に逃亡。ユリコの腹心ワカサは、自民軍先鋒の若武者コイズミに、一撃で討ち取られた。「緑の軍」が新たに召し抱えた武将たちは、ほぼ全滅。民進国の家臣たちの多くが、緑の甲冑をつけたまま、自民軍の格下武将に討ち取られた。
~~~~~~~~

エダノ丸を築いたエダノンと兵士たちだけはなんとか生き残った


以上が、今回の衆院選をめぐって起きた平成「緑のタヌキの変」の顛末である。
~~~~~~~~


平成「緑のタヌキ」の変の結果

~この「変」は、日本の政治に、そして、日本の社会に何をもたらすことになるのか。~
↑前説はともかくここだね要点と注目点は@v@y-
ヴェンスン曰くによると
fvtfcfc
自民党が議席を増やし民進党所属の議員は打ち取られ圧勝だが
安部総理を信頼してないと答えた人は51,0%であり意外と信頼されてないと言えるとも数値も見え
信頼されてない状況で国難に立ち向かうには信頼を勝ち取る必要もあると筆者は言ってるようだ
大砲たあyttopvens2rt2
決起失敗


緑関連解説
後書き@v@y-
日本経済新聞の方がわかり易いなぁ~ともいえるが枝ノン筆者は熱い大河ものが趣向のようだ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO