記事一覧

「ノンレム睡眠中にも夢を見ている」=とは?スタンフォード睡眠研究所にて

nuigurumi.jpg
スタンフォード睡眠研究所を設立したデメント教授による、この「ノンレム睡眠中にも夢を見ている」という報告は、「夢見る」レム睡眠の発見と同様に当時の睡眠研究に衝撃を与えました。

この結果から、「私たちは眠っているかぎりつねに夢の世界にいる」ことがわかったのです。

「あれ、今朝の夢はなんだったっけ?」「今日は夢、見なかったな~」という感覚を覚えることもあるかもしれませんが、寝ているかぎり夢を見ない日はありません。

もっといえば、寝ている間、ずっと夢は脳内で上映されているのです。最近の研究では、レム睡眠、ノンレム睡眠にかかわらず、夢を見ているときは視覚に関係する脳の部位が活性化することもわかっています。




「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」で見る夢が違う
夢の内容を記述してもらうと、レム睡眠中は「実体験に近い夢」「ストーリーのある夢」、ノンレム睡眠中は「抽象的で辻褄が合わない夢」を見ていることが多いと判明しました。

「体は寝ているけれど、脳は起きている」というレム睡眠中は、覚醒時のように大脳皮質が活性化していて、夢の中での自分の動きに呼応するように大脳の運動野で手足の運動をつかさどる神経細胞が活性化します。

つまり、脳の中では「視覚や体の動きを感知して、さも現実かのように夢の世界を体感している」ので、具体的で合理的・現実的な夢を見ることが多いのです。

そうやって定期的に大脳を活性化させておくことで、「明け方のレム睡眠」で自然と目覚めたときに寝ぼけを回避する確率が高まります。つまり、レム睡眠時に見る合理的な夢には、「起きるための準備」という役割もあると思われるのです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

我が王座   

2020

prev 01 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

城主℣ensun

Author:城主℣ensun
このサイトでは音が流れます1
421ensun
ーNUMEDIA42-1℣ー
There are also no delusions
of an atom in the case
that our site makes the blue
the basis first.

帝国書院











SEO