記事一覧

トランプ氏は、ツイッターにこう書き込んだ。 《米国は過去数十年、韓国からはごくわずかな額しか、駐留経費を受け取ってこなかった》《韓国は大変、裕福な国であり、米国が提供する防衛に貢献する義務があると感じている》

アメリカに象はいないけどトランプ大統領が象みたいなもんだろ

ドナルド・トランプ米大統領は7日、韓国政府に在韓米軍の経費負担の大幅増額を求めたことをツイッターで明らかにした。米国は、「従北・親中・反日・離米」姿勢をあらわにし、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄をチラつかせる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権への不信感を強めている。トランプ氏の発言は「将来の在韓米軍撤退含み」との見方もある。

 《米国は過去数十年、韓国からはごくわずかな額しか、駐留経費を受け取ってこなかった》《韓国は大変、裕福な国であり、米国が提供する防衛に貢献する義務があると感じている》

 トランプ氏は、ツイッターにこう書き込んだ。

 さらに、「韓国には3万2000人の兵士が駐留し、韓国を助けてきたが、事実上、何も得られていない。『非常に不公平だ』と、ずっと思ってきた」と、ホワイトハウスで記者団に不満を爆発させた。

 トランプ政権は今年2月、韓国政府との交渉で、在韓米軍の駐留負担を昨年までの額から年間8・2%増やし、9億2400万ドル(約980億円)にすることで合意したが、不満は解消されていなかった。

 ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は7月の訪韓時、大幅な負担増加を求めたとされるが、文政権は煮え切らなかった。

 そこで、トランプ氏は、マーク・エスパー国防長官が9日に訪韓し、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と会談する直前、改めて文政権に圧力をかけたわけだ。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「米韓関係は大きく揺らいでいる。トランプ氏は今回、文氏に『踏み絵』を踏ませた。文政権は負担増額を受け入れられず、将来には、『在韓米軍削減・撤退』から『米韓同盟解消』の方向にいくことを前提とした動きだ」と語った。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

我が王座   

2020

prev 05 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

征夷大将軍ヴェンスン

Author:征夷大将軍ヴェンスン
旭日旗
携帯戦争
サイトで最近面白い記事 オペラ! 
https://blog-imgs-123.fc2.com/m/o/r/morandiasven/201812221315182d4.mp3
morandiasvenロゴマークGFRTYRYF1
人間達よ金を恥じれ 汚い金を貧しい人々に捨ててしまえ そして道義を重んじ 自然を愛し 謹んで行動しろ
肝心なのは愛だ
そしてデマを流すな
貴族達
このサイトでは音が流れます1
421ensun
ーNUMEDIA42-1℣ー
There are also no delusions
of an atom in the case
that our site makes the blue
the basis first.

帝国書院

sp_header (1)FFTATGAET
ティノスteraサンプル完成









SEO