記事一覧

世の中には不思議なヴェンスンを中心にある超当たりの法則が実はいっぱいあるのです

憎悪を越えた強化の多幸感が得られるのである
ゲームで言うと
不自然に今日のArcheAgeはヴェンスンの言ってた遠隔操作の法則にて出るに出たなぁ 伝説は当たり前で神話も出た
ネックレスもぽんぽん成功していた そして惜しかったのは
もっと目指してたら今日だけは太初等級になってたのにな 魔石使わずに低金額で
伝説→太初 の当たり前もよし
神話→太初 を目指すのもよし

あぁ惜しかった神話 君たちは自分たちの投資する額にて半信半疑のチキン度を恨んでいるだろう?
神話になったもう出ないだろうと
伝説になったら十分過ぎるだと

太初に最低金額の投資で容易くなれたのになぁ(笑)
月が満月へと瞬間的に変わるように
今日だけはなれたのにねぇ



これは単にゲームに留まらず株にもFXに概念は存在すると思われる
最低金額の投資で億万長者も夢ではないし一生遊んで暮らせる瞬間があったのに 
多幸感あぁああああああああ
多幸感(たこうかん、英語: Euphoria)とは、非常に強い幸福感や超越的満足感のことである。脳内で、快楽などを司るA10神経のシナプス間に、幸福感を司る神経伝達物質であるセロトニンが、大量に放出されている状態とされる[要出典]。

愛情による至福感や、競技で勝利したときの陶酔感、オーガズムは、多幸感の例である[1]。 また、多幸感は宗教的儀式や瞑想によっても生じうる[2]。 特定の薬物の副作用として生じる場合もあり、また、精神や神経の疾患によって生じる場合もある[3][4]。 高齢者が自然と感じるようになる幸福感も多幸感の一種とされる(老年的超越)[5]。

娯楽的な薬物使用(英語版)とは、活力や、多幸感 (Euphoria) や喜びを生じさせるという目的での薬物の使用を描写する、医学的でない用語である[6]。すべての薬物が薬物依存症を引き起こすわけではなく、薬物が引き起こす喜びは、急性の作用(ラッシュ)と、続く多幸感から成り立ち、依存へとつながる精神的な動因がもたらされる[6]。多くは乱用薬物として規制されている。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

我が王座   

2020

prev 06 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

征夷大将軍ヴェンスン

Author:征夷大将軍ヴェンスン

KEIBA!.mp3
旭日旗
携帯戦争
サイトで最近面白い記事 オペラ! 
https://blog-imgs-123.fc2.com/m/o/r/morandiasven/201812221315182d4.mp3
morandiasvenロゴマークGFRTYRYF1
人間達よ金を恥じれ 汚い金を貧しい人々に捨ててしまえ そして道義を重んじ 自然を愛し 謹んで行動しろ
肝心なのは愛だ
そしてデマを流すな
貴族達
このサイトでは音が流れます1
421ensun
ーNUMEDIA42-1℣ー
There are also no delusions
of an atom in the case
that our site makes the blue
the basis first.

帝国書院

sp_header (1)FFTATGAET
ティノスteraサンプル完成









SEO