記事一覧

瀕死のサムスンに「ファーウェイ排除」で吹いた神風 @v@y-ほぅこりゃいい

まるで断崖絶壁を転がり落ちるようだった韓国経済が、今週、ようやく一息ついた。

 韓国総合株価指数は、5月20日月曜日朝9時半の初値は、2066ポイント。それが週の終わりの5月24日金曜日午後3時半の終値は、2045ポイントだったのだ。

 「なんだ、1%下落しているではないか」と思うかもしれないが、例えば1カ月前の4月25日は、2190ポイント。1年前の昨年5月25日は、2460ポイントもあったのだ。「下り坂」は、明らかに緩やかになったのである。

■ ひとまず遠のいたサムスン電子「株価4万ウォン割れ」の懸念

 その理由は、1社で韓国経済の13・7%分も賄っている巨人、サムスン電子が「復調」したからに他ならない。

 サムスン電子株は、1年前の昨年5月25日は、5万2700ウォンをつけていた。それがこの1年で落ち続け、1カ月前の4月25日は4万4650ウォンまで下落。その後もさらに落ち続け、今週初めの5月20日の初値は、4万1650ウォンだった。

 昨年5月30日に、サムスンの株価が5万ウォンを割り込んだ時、「サムスン・ショック」と言われたものだ。それから1年経った今月には、今度は4万ウォンを割る「ウルトラ・サムスン・ショック」が市場を襲うのではと、警戒感が強まっていた。

 それが今週の終値は、4万2800ウォンと、見事に持ち直したのである。今週5日間での上昇率は、2・7%を超えており、ヨントン(水原市にあるサムスン電子本社)では久々に、「マンセー!」の声が飛び交っている。

 なぜサムスンは突然、復調したのか?  今週、何か目新しい新製品を発表したわけでもなければ、トップの李在鎔副会長が前向きの発言をしたわけでもない。あの文在寅政権の経済政策も変わっていない。

■ ファーウェイ排除の「恩恵」を最も受けている企業

 答えは、サムスン電子の最大のライバルである中国のファーウェイ・テクノロジーズ(華為電子)にあった。5月15日に米トランプ政権が、ファーウェイを「エンティティ・リスト」(取引制限リスト)に入れると発表し、実際に翌日から入れた。それによって今週、世界の主要企業に「ファーウェイ離れ」が広がったのは、周知の通りだ。

 その「恩恵」を世界で一番受けた企業が、サムスン電子だったというわけだ。つまり、完全な漁夫の利、他力本願による復調である。それでも、サムスンとしては「マンセー!」なのだ。

 サムスンは昨年、世界のスマートフォン出荷台数で、世界一をキープした。市場占有率は、1位サムスン20・8%、2位アップル14・9%、3位ファーウェイ14・7%である(米調査会社IDCの発表)。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

我が王座   

2020

prev 06 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

征夷大将軍ヴェンスン

Author:征夷大将軍ヴェンスン

KEIBA!.mp3
旭日旗
携帯戦争
サイトで最近面白い記事 オペラ! 
https://blog-imgs-123.fc2.com/m/o/r/morandiasven/201812221315182d4.mp3
morandiasvenロゴマークGFRTYRYF1
人間達よ金を恥じれ 汚い金を貧しい人々に捨ててしまえ そして道義を重んじ 自然を愛し 謹んで行動しろ
肝心なのは愛だ
そしてデマを流すな
貴族達
このサイトでは音が流れます1
421ensun
ーNUMEDIA42-1℣ー
There are also no delusions
of an atom in the case
that our site makes the blue
the basis first.

帝国書院

sp_header (1)FFTATGAET
ティノスteraサンプル完成









SEO