製作費100億円、開発期間7年の超大作「ロストアーク」が遂にくるぞ ホリエモンのロケット成功はめでたいが60億は大したことない-v-・・・ - 陽月幕府~祝叙事バフ達成!~

記事一覧

製作費100億円、開発期間7年の超大作「ロストアーク」が遂にくるぞ ホリエモンのロケット成功はめでたいが60億は大したことない-v-・・・



ロストアーク
久しぶりの『まともなMMORPG』だった それがロストアーク

多額の開発費が投入されたAAA級のMMORPGはグローバルで見ると2014年のElder Scrolls OnlineとWildstarが最後で、その後に登場したゲームは中規模のものが多い。

韓国産ではICARUSやBLESSなどが登場したが、いずれも成功したとは言い難く、BLESSに至っては韓国サービスが終了してしまっている。メイプルストーリー2も2015年に登場したものの、不発に終わっている。Tree of Saviorも韓国市場ではヒットと言えるレベルには受けなかった。

Aion: 2008
TERA: 2011
Blade & Soul: 2012
ArcheAge: 2013
黒い砂漠: 2014
ICARUS: 2014
メイプルストーリー2: 2015
Tree of Savior: 2015
BLESS: 2016



韓国産のMMORPGは上記のような流れとなっているが、BLESSが失敗に終わった事で、韓国のMMORPGファンからすれば、数年間まともな大作MMORPGが出ていないという状況で、業界的にもPCのMMORPGには悲観的になっていたようだ。
また、ライバルとなるはずだったリネージュエターナル(Project TL)も開発がやり直しになったため不在。

結局のところ、需要がないのではなく需要はあるがまともな新作MMORPGがないという状況が続いてた韓国市場で、久々に『普通に遊べるMMORPGの新作』だったのがロストアークだったというわけだ。

欧米の大手メーカーはMMORPGを作るのをやめた、韓国の他のメーカーはモバイルMMORPGの開発に全力で、PCのものはまともなのが出てこない、中国の企業は・・・というような状況の中、需要を満たせるゲームが出てきた事はヒットの大きな要因になった。

ただし必ず日本に来るとは言ってない





引用https://www.asahi.com/articles/ASM5H3JXHM5HULBJ005.html

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO