アメリカにはまだ金儲け以前に民主主義を掲げ貫くアメリカの根本の尊厳と誇りを持った会社が多いのかな? - 陽月幕府

記事一覧

アメリカにはまだ金儲け以前に民主主義を掲げ貫くアメリカの根本の尊厳と誇りを持った会社が多いのかな?


もしかしたら今アメリカでなにかが起こってるかもしれん

確かにヴェンスンは民主主義の党を応援し更に敵味方ではなくその国のための選挙になることが重要と説いた

すると暴政をしていたヴェンスンに珍しくケンタッキーもコカ・コーラも超乗り気だ
コカ・コーラ社は自民党寄りだった時は儲かったのにそんなに昔は乗り気じゃなかった気が@@むしろ嫌がってた
それが民主主義を押せばこちらこそ歓迎しますもう15周年!ぐらい対応が変わった!

つまりアメリカって国はお金儲けで儲けたり儲かった以前に民主による企業国家だから
民主主義を掲げる政治を推してそのために
金より尊厳たるアメリカがこうあるべきだと思ってる企業もかなりあるはずだ

なるほど!それなら分かる@@対応が
しかし気高い(けだかい)なあ 金はビジネスにおいてもっとも重要だろう?金が欲しくないのか?それが大半の人生だろう?
それを度外視して民主かどうか判断してるようだ本来金儲けるだけの会社という概念が意志と志を貫いてる
アメリカの大企業はやはりワシントンにより独立した時からお金より民主の主義かどうかが重要視してるんだなぁ@v@y-
独立してから時代も人も随分変わったが根本は全く変わってないようだアメリカの昔からある会社はやはり違うなぁ


そう思ったのであった-v-・・・・
アメリカという国が出来た時からあった掲げる真摯なる真意が見えた気がした


アメリカがワシントンにより独立した当時はアメリカはとても貧しかった
それが貧しいアメリカと共に開墾し会社も大きくなりいつしか大企業になり今までアメリカと共に繁栄して来た

ヴェンスンは世の中の多くの利権主義の風景を見ながら「金が儲かったら全ていいのかな?会社は」と思っていた
違ったようだ

それが民主主義により今に続くアメリカ合衆国の基本理念だった
崇高にまで達した意志と思いが一つの音となって美しい一つの一つによる音となって頭の中に聞こえた
開始=合図だな
金色の色は帝国の色ではないと廃止したい 金の色みたいだからだ ケンタッキーも分かってくれるはずだ
なくともよいではないか ただ王者の青といつまでも戦い続ける挑戦者の赤の志があれば必ず乗り切れるはずだ 
世の中いろんな人がいるがヴェンスンは帝国はこの色配分を守りたい
そして
顔がよいか悪いか能力があるかないかまたは金持ってるかそして人種関係なくその要素取り除いて
崇高な意志と思いがあればきっといつも乗り越えれる
だが時には乗り越えれないかもしれない その時人は集まり代わりに掲げ戦うのかもしれないな
崇高なる意志を絶やさぬ為に
そして死してなお貫き栄冠に輝かんことを

永遠なる美しい闘争による戦いだ アメリカのためにそして民主主義のために青の党と赤の党が掲げ闘おう
まとめ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月 終

Author:【摂政】陽月 終
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO