記事一覧

FF14に比べてArcheAgeはハウジングでも上に立つゲームだ



FF14とArcheAgeどっちがハウジング面白い?
それは言うまでもなくアーキエイジであろう(アイバニーズ風煽り)
FF程度で満足してるようじゃ牛乳をにゅーにゅーと呼ぶレヴェルであろう@v@y-


FFが1だとするとAAは1000 
FFが面白くないわけではない AAが面白いのであろう


にしても引用元FF14の元ゲーマーだがこれほどこき下ろしているのも珍しい@@

@:ハウジングは要は家を建てて内装をいじる要素だ。マイクラみたいなのを用意しろとは到底言わないが、これについてはできるだけ自由度があったほうが望ましい。海外はともかく、日本で「どうぶつの森」が人気であり続けるように、日本人にはウケる要素であることは間違いない

しかし14のハウジングは狂った価格設定と自由度のなさで失敗している

まずは狂った価格設定だが、これは初期に「レベルカンストくらいの2.3人で買えますよ」という触れ込みで実装された。フタを開けたら最安のSサイズですらレベルカンスト50人でやっと買えるようなキチガイじみた値段設定だった。根性版鯖に至っては価格が10倍で、とても買えるような代物ではなかった

2.1の実装当時、金策手段があまりに乏しく(システムから排出されるギルがとにかく絞られていた)買うために金策を頑張ろうにも方法がなかったのである。50レベル付近の雑魚を倒してドロップするアイテムが店売り5ギルとかで、ダンジョン報酬も300ギルくらい。みんな金を持ってないから商売で稼ぐ方法もなかった

結局50〜100人規模のコミュニティが金を出し合い最小サイズを買うまで誰も手をつけられなかった。その後金策手段が緩和されたが、どう考えても順番は逆だ

ハウジング実装直前の頃に、ほぼ全財産だった30万ギルをつぎ込んでユーザーイベントをやった。一位には10万ギルを贈り、受け取った人は「ハウジングの足しにします!」と喜んでくれていたのだが、フタをあければ5等Sサイズで800万ギル、足しどころか消費税分にも満たなかったとき彼はなにを思ったのだろう。少なくともぼくは「ハウジング前に頑張って準備してイベントやって100人集めて、みんな真剣に遊んでくれたことが、すべて茶番になった」と痛烈に感じたし、その時引退が頭をもたげはじめたのをよく覚えている

少なくともDQ10では家はタダでもらえる。家をいじるのがコンテンツであり、14のように家を買うのがコンテンツではない。このあたりはいまだに変わっていないし、現在は鯖追加をケチって土地がなく、買いたくても買えないという問題がずっと残っている


内装もカスだ。ハウジングとはそれ単体はサンドボックス型のゲーム、つまりプレーヤーの遊び心で無限のパターンを作るものだ。たとえば迷路にしてみたり、アイテムの重ね合わせでアホなことをしてみたり、そうやって素材だけ置いておけばユーザーは勝手に遊ぶ。マイクラが象徴だが、そこまでいかなくともあえてバグを放置するくらいの自由度があってしかるべきだ

https://ameblo.jp/sanbikino561/entry-12214113264.html

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

我が王座   

2020

prev 01 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

城主℣ensun

Author:城主℣ensun
421ensun
ーNUMEDIA42-1℣ー
~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
グラフィックドライバダウンロード 
青い薔薇 

このサイトでは音が流れます1
VEOH関連
動画置場の事
VEOHyougetubakuhu

帝国書院











SEO