ヴェンスンのcqはぶっ飛んでいて一線を描いて画していて独創的でいてcqがおそらく世界一である 世界を創ったと言える - 陽月幕府~祝叙事バフ達成!~

記事一覧

ヴェンスンのcqはぶっ飛んでいて一線を描いて画していて独創的でいてcqがおそらく世界一である 世界を創ったと言える

初めて耳にすることも多いと思うがcqとはなにか?
創造はクリエイティブ
クリエイティビティ(cq)とはなにか?

cqとは独創性とか創造性なので
測る確実な明確な定義と基準は無いのだがヴェンスンは世界一のcq=クリエイティビティの持ち主と言い切る
はっきり言ってしまえばcqが高いではなく天才の部類だろう

そして天才は対して勉強しないで自分で独学するとアメリカの天才の少年の持論である
iqは確かにそこまで高くないし最近では
指示する人と作業する人に世の中が分かれることが判明した

ミュージシャンとエンジニア
監督とアニメーター
一般的に普及してる野球なら監督と部員である


ヴェンスンは楽しくいうなら監督のようなミュージシャンのようなゲーマーのようなであり
分かりやすく言うと現代版ダビンチみたいなものである


といってもcqというかほとんどの文化=カルチャーは暇つぶしから始まるという人もいるが
妙な文化人気取ってる人は 文化は暇つぶしじゃないという人もいるが
ヴェンスンはよく分かる
もしかしたら・・・ではなく暇つぶしより更に出来るだけ低い方が良いと思われる
スタート地点が暇つぶしより程度が低く多くのものが共有できる楽しいものがカルチャーになるものだと思ってる

逆に敷居が高いものは文化になりにくいが必ずしもならないとは言っていない


というか野球って最初は誰でも分かるが最初は文字通り暇つぶし以前に敷居が低すぎる
ただ広場で原始的に手で投げて棒でただ打つだけの遊びから

高度にルールがなぜか出来てそこから出来た文化だと思う

それが今ではプロ野球に正式になり
ただ投げて棒で打つ単純作業だけにまるで熱きドラマすら感じている人も少なくない
違うかね?
投げてうつだけから高度に進化した模様 それがカルチャーだ
とあえて分野の違う普及してるカルチャーの野球で例えてみた


文章力というか日本語力があっても書いてるものが印象にすら残らない人も多い中
ヴェンスンの低いとよく言われた日本語力とは比例しない創造的文章力と独創性があるのは多くの人は思ってることだ


そんな人である


もっと野球より敷居の低いカルチャーといえばボクシングだろう
野球は初期で言えば棒っきれ(笑)が必要だろ もっと敷居の低いカルチャーがあるはずだボクシングだよ
ボクシングの場合もっとも初期はなにもなく足すらなく拳のみだったはずだ

拳と拳でただシンプルに原始的に殴り合い奏でるだけに熱きドラマすら感じてる人も少なくないというか多いと認識している
というかボクシングだけにもはや人生全てを感じている人すらいるだろう
そうだろう?
低コスト低予算低ムービー技術から始まった映画という文化からロッキーは出来た
ロッキーを見ろロッキーをただ殴り合ってるだけだが美しい芸術性すら感じるだろうボクシング
41LGpxe3_pL.jpg



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO