ヴェンスン著‡7弦ギターSSG(SEVEN・STRINGS・GUITAR)‡電子書籍★~2013/5/31~★ - ヴェンスディアナ

記事一覧

ヴェンスン著‡7弦ギターSSG(SEVEN・STRINGS・GUITAR)‡電子書籍★~2013/5/31~★

ウェブ著書
著‡7弦ギターSSG(SEVEN・STRINGS・GUITAR)‡電子書籍★~2013/5/31~★

~著書について~
「世界で初めて6弦ギターを7弦ギターに自身で改造構築した人物でWEB著書も執筆
近代的現代楽器のELECTRIC・GUITARによる新たなシステム上による必要性からのDOWN・TUNINGの研究もしている」
なお7弦ギターの正式名称が非常に長い(SEVEN・STRINGS・GUITAR)ので省略してSSGと呼ぶのを推奨している
(SEVENSTRINGSGUITAR)S=SEVEN★ S=STRINGS★ G=GUITAR★
そして打楽器のdrumのリズムの研究にも意欲的であり
分かり易いdrumの著書も出しており
最近では重低音にRANGEを絞ったBASSに意欲的である」

クイックアクセス2
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
‡$・$・G

著‡7弦ギターSSG(SEVEN・STRINGS・GUITAR)‡電子書籍★~2013/5/31~★
(SEVENSTRINGSGUITAR)S=SEVEN★ S=STRINGS★ G=GUITAR★
著者ヴェンスン
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
始めに~冒頭~


‡$始めに$‡~冒頭~‡
著者ヴェンスン
~完璧主張と進化論~
ギターが出来てもしノーマルチューニングが完璧の域に足してれば下げるという気すら人々に起こさせなかったと思う
そう完璧というのは完璧でほかの余地がなく劣ってないから完璧な設計なのであって

どんなにもっともだと述べて理論的に理由を付けてもギタリスト達には完璧じゃなかったんだ
既に初期段階にてレッドツェッペリンがdrop-Dでストラップを極限まで下げて始めていた
ギターとは強くカッコいいものだ そして
もし先人が長い歴史の中創ったチューニングがやはり完璧だとしたら
なぜ人々はチューニングを変えるのか?劣っていないならそれは次への楽器から楽器への過程での
誰も知らない音への進化の系統かもしれない



しゃーまる
~ここから全ては始まった~
6弦ギターはバランス的に素晴らしいが現代で想定外の事が出てきた これはその古代から進化における記述である
~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
(SEVEN†STRINGS†GUITAR&DOWN†TUNING)
動画:7弦ギターSSG width=
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Solitary wolf pushes a wood on.
It came so far at last.
If it looks back upon back, it is there in darkness.
The light of a day will pour in a morning soon. Although the future was waiting, nobody was.
The vampire did not have everybody under the day so at the time of a smiling face.
It is sleeping in the coffin.

世界のCORE(核)化

世界の人々にダウンチューニングが猛威を振るいそれは古参のSLAYERも昔からの本場ドイツも例外ではなく下げに下げてGUITARのDOWN・TUNING化が覇を唱え
王座を造り加速的に進んだカルトカルチャーであり有能なシステムである
世界規模でLOUD・ROCKを始め、DEATH・CORE,METAL・COREの覇権を争う音楽が氾濫した

レッド・ツェッペリンからあったが本格化した大きな巨大な波
ダウンチューニングの波に対応出来ないバンドは潰れていった
波は本場ドイツも丸呑みして席巻しケリィキングですら当時選択肢に迫られた
そしてダウンチューニングの根本にある音の本質は凶悪性と音の融合と社会性である
凶悪な音を下げる事と流行が融合し社会を飲み込んだのをダウンチューニングの波という
そこには技術とか関係なくするかしないかで技術力がいかにあっても例外なく社会のトップチャートから外れていった
そこにパンク性を感じるのはヴェンスンであった

技術力とか関係なく凶悪な音の追求と社会性で最強がパンクでありぴったりパンクだ
現在ノーマルチューニングでヘヴィバンドはほぼ存在しないという

ef572b.jpg

no,1~DOWM TUNINGと多重弦ギター~

no,2~7弦ギターとBの音程の関連性~

no.3~DOWNTUNINGのために6弦で下げれば起こるシステムの不具合~

no,4~進化した楽器(SEVEN STRINGS GUITAR)~

no,5~7弦と8弦についてそして9弦について~

no,6~DOWNTUNINGの種類表~

no,7~7弦ギターの固有能力~










著書後書き~ヴァンパイアズ~






~My $weet Volf And Vampire~


Solitary wolf pushes a wood on.
It came so far at last.
If it looks back upon back, it is there in darkness.
The light of a day will pour in a morning soon. Although the future was waiting, nobody was.
The vampire did not have everybody under the day so at the time of a smiling face.
It is sleeping in the coffin.

It meets. a rock

~END~


‡終わりに~あとがき~‡

当初の本書での長いDOWNTUNINGと多重弦の構造著者的に
し尽くしたのであり記載は終わったのであるが







きみは本書を読んだ後どのチューニングをしてるかな?
当てるとしたら
もっともポピュラーなDOWNTUNINGのDrop-Aが多いと思う


たまには気分的に他のチューニングとかの冒険をしてみるのもいーかもね
「著者ヴェンスン」





















































































































































































































コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 09 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

帝王℣ENSUN

Author:帝王℣ENSUN
http://morandiasven.blog.fc2.com
~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1

 
 










SEO