神話とバヴェルとは? サヴィディアムルの世界観 - 陽月幕府ーArcheAgeバブル到来!ー

記事一覧

神話とバヴェルとは? サヴィディアムルの世界観


神話とバヴェル
バヴェルの塔
しかし人々は、これら新技術を用いて天まで届く塔をつくり、シェムを高く上げ、神に復讐してやると威嚇した。
水が達しないような高い塔を建てて、彼らの父祖たちが滅ぼされたことに対する復讐するというのである。
人々は、神に服するのは奴隷になることだと考えて、ニムロデのこの勧告に熱心に従った。
そこで彼らは塔の建設に着手した。……そして、塔は予想よりもはるかに早く建った
バベルの塔の物語は、「人類が塔をつくり神に挑戦しようとしたので、神は塔を崩した」という解釈が一般に流布している。
しかし『創世記』の記述には「塔が崩された」とは書かれていない。


帝政の世界観

ローマ帝国はブリタニアまで征服し規模が肥大化しのちに西ローマ帝国と東ローマ帝国の二つの国へ分裂した
東ローマ帝国の首都は中東のコンスタンティノープルであり城壁の大きさは難攻不落のコンスタンティノープルの城壁として有名


謎の言語サヴィディアムルの世界観

アムル人(英: Amorite)とは、主に紀元前2000年期前半に中東各地で権力を握った諸部族の名称。
アッカド語ではアムル(Amurrū)、シュメール語ではマルトゥ(mar.tu)と呼ばれる
アムル人が具体的にどのような経過を辿って権力を握ったのかについて正確にわかる事は少ない。確実にいえる事は、
ウル第3王朝の滅亡以後、メソポタミアで権力を握ったほとんど全ての王達がアムル系であった事である[9]。
アムル人の中でも有名な人物にはアッシリアのシャムシ・アダド1世[10]やバビロンのハンムラビがおり、
ハンムラビは自らを「アムルの王」と称した
アッシリア地方の王アッシュールバニパルは敵を殺してその血で兵士の服を染めそれを見た敵は恐怖した

つまりバビロニアのバビロンのハンムラビはアムルの王でありバベルの塔の舞台であり
サヴィディアムルの世界観である

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO