アメリカはなぜベトナムで負けたか強さが違った そしてロスチャイルド家が普通に書いたPTSDについて偶然読んでいた まさか金持ちが著書書くとは思わなかった同姓同名かな?ぐらいの衝撃 - 陽月幕府~祝叙事バフ達成!~

記事一覧

アメリカはなぜベトナムで負けたか強さが違った そしてロスチャイルド家が普通に書いたPTSDについて偶然読んでいた まさか金持ちが著書書くとは思わなかった同姓同名かな?ぐらいの衝撃

まずベトナムが主題の「ランボー」という映画は知っているかな?
実はあれは登場人物の強さが逆サイドで変更され作られた史実に近いフィクション映画である
ベトナム兵
つまり実はベトナム兵がランボーみたいな強さで大軍のアメリカ兵をジャングルで止め事実上の敗走させたのが史実である
そのベトナムからのアメリカの帰還兵の多くがPTSDにかかったと言える
PTSDとは?

辧駿はロスチャイルド家の家系に当たる人が書いたPTSDの著書を読んでいたからよくPTSDという病気の内容が分かる

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。
突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てきます。とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何カ月も続くときは、PTSDの可能性があります。ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。こうしたつらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。


戦略的にも
ベトナム人にとって地元のジャングルとははっきりいうとよく遊んだ全部分かる庭にしか過ぎん
一方アメリカ兵は初めて来る場所なのでまったく進み方が分からないといった地理差も大きい
それがベトナム帰還兵の真実だ



でっ
まさか医学的な著書を真面目に出している著者がヨーロッパ一の金持ちだとは思わなかった


金持ちといっても一流と例外がいる
天皇は確かに世界一の金持ちだが太平洋戦争についてとかの著書を天皇家が執筆して出したりしておらず
それはある意味世の中の常識で当たり前かも知れない 
著書書いてもし箇所が間違ってたら批判を浴びるし金持ちがわざわざ勉強して書く必要性もないリスク的に

その点ロスチャイルド家というヨーロッパ一の金持ちは普通に趣味で知的な著書を書いて出版して出している
よく普段から勉強をしている事が分かるので金持ちでなくとも普通にPTSDの著書はすごいと思う

はっきりいって辧駿は金持ちと商業主義が嫌いだ
しかし金持ちでなくとも普通に著書にてロスチャイルド家はいいなぁと思う
ロスチャイルド名前が良かった


金持ってるからでその人を判断したり金目当てで交流したりしてはならないし
または金持ってるからで評価が上がったり変わることもしてはならない
あくまで評価されるのは金ではなくその能力で評価されるべきである

そして世界は金で満ちている 金とは生活とか社会が安定するものが金であると思う





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO