morandiasvenは設定は明確にはノルマン人?  - 陽月幕府~祝叙事バフ達成!~

記事一覧

morandiasvenは設定は明確にはノルマン人? 

ノルマン人は血を好んだ蛮族と同義語である 
って事はイギリス王室は今では華やかだが昔は
北欧にいる原始的で非常に暴力的で血を好み教会に火を放って村人を殺しまくって領土ゲットの
蛮族のヴァイキング達で蛮勇と力だけでなった北欧のキングダムと血筋の成り立ちは同じって事か 意外だった
ここまで洗練された礼儀がある王室になるとはもっとも初期の血に飢えたノルマン人達は思わなかっただろうね 

そしてそれはノルマン系だから事実上フランスとドイツも含まれるらしい@v@
確か果てはブリタニアまでローマ人も侵攻したからローマ人も含まれてもよいって事だな

つまりすべての美味しいところの要素味好みってやつだ^v^y-
ファンタジー小説としては文学的背景の筋書きとして完璧過ぎる全ての要素一致でイギリスでノルマンであった
ん~ヴェンスンはもしかしたら特殊な文才があるのかもめ-v-


美味しい設定
ragnaroek_by_skrubhjert-d6lexvfRagnarøk


ノルマンディ公国とは、ブリテン島の対岸に位置するフランス王国内の一公国であるが、ヴァイキングが興したものである。
しかし、ウィリアムの時代には、ノルマン人は「野蛮なヴァイキング」などではなく、
フランス語を自由自在に話し、フランス文化に十分馴染んだフランス人になっていた。
ノルマンディ公ウィリアム(ギヨーム)、後の征服王ウィリアム1世に率いられたノルマン人によってこの年、イングランド王国は征服されてしまいました。そしてこれ以降、イングランドの国王、貴族、上級聖職者はことごとくフランス語を母語とするノルマン人という『フランス人』に取って代わられたのです。この国のこれまでの主だったイングランド人はすべて国の上級地位から追放されました。イングランドの公用語は英語からフランス語になり、国の上級者の名前も、建築や文化も全部フランス風になりました。とりわけ征服王ウィリアム1世の孫にあたるヘンリー2世より始まるアンジュー朝からは、さらにイングランドのフランス化が進みました。まさに1066年のノルマンの征服以降、イングランドはフランスの一部になってしまった感がありました。事実そうでした。ノルマンの征服は、フランスの拡張であると今日の歴史学では捉えられています」。
イングランドの人々といえば、決してアングロサクソン人と同義ではなく、ケルト人の血も、北欧人の血も、フランス人の血も、そしてもちろんゲルマンのアングロサクソン人の血も持ち、そしてそれらの人々の言語を莫大に吸収して形成された近代英語を母語とする人々を指すと理解したほうが、より的確です
http://hon-bako.com/bookbox/bookbox_passion/イギリスはフランス人によって創立された国だっ/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

宣伝

我が王座   

2019

prev 10 next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

【摂政】陽月ヴェンスン

Author:【摂政】陽月ヴェンスン
http://morandiasven.blog.fc2.com
VEOH関連
VEOHyougetubakuhu
サイトロゴMSNニュース
よく読むニュースサイト
https://www3.nhk.or.jp/news/
https://bunshun.jp
https://www.msn.com/ja-jp/news

~見解~
まず当サイトが青を基調とすることに微塵の迷いも無い
青い薔薇 


このサイトでは音が流れます1










SEO